クラブ1000マイル(ClubMille Miglia):Tipo105を中心としたアルファロメオオーナーズクラブ
 
About CLUB1000MILE Topics Our History Event AR-CUP Milano Auto Service

Topics

今年2023年、約3年ぶりに海外レース「Grandprix de PAU」に参加します。

皆さんには馴染みのないGrandprix de PAUですが、PAUは「GRANDPRIX」の発祥の地で、1930年にFrance Grandprixを開催して以来、公道を封鎖して行われるレースとしてはモナコと並んで、最古の歴史を誇っています。以来何度となく中断や形を変えての開催をしてきましたが、今はEURO FORMULAをトップカテゴリーとして、1週目をPAU GP、2週目をPAU CLASSIC GPとして開催されています。
そんな歴史あるイベントに、私たちのチームはコロナ前に5回ほど参加、今年は3年ぶりの参加です。
今年のCLUB 1000 MILEのチーム体制は日本から藤田氏率いるAlfaRomeo Giulia Sprint GTAに、オーナードライバーの藤田とクラブ員榎並の純日本チーム。
英国からJames GibbonsのGiuliaTIに、オーナーJamesとクラブ員安藤の英和混成チーム。もう一台のGiuliaTIは2名の純英国チーム。
サポートは日本からミラノオートサービスを中心とした5名と英国から数名、スペインのレースチームNOUONZEからメカニックが2名と、現地のチームに負けない多国籍体制で挑みます。
今年のPAU CLASSIC GPは現地5/20~21に開催されます。

詳しくはこちら

参戦するレースは、「3 HOURS PAU REVIVAL : GT PRE 66」。
ヨーロッパを転戦する「Iberian Historic Endurance」の第2戦として開催されます。
我がチームのクラスは「GENTLEMAN DRIVER SPIRIT」。1965年までに製造された車とその同型車で、2000cc以下のクラスです。
当日、チームオリジナルのライブ中継や限りなくリアルタイムに近い報告もさせていただきます。リンク先等は後ほどお知らせしますが、まずは以下のリンク先の映像で、過去に参加した映像をご覧ください。

2014年> Click
2015年> Click
2016年> Click
2017年> Click
2019年> Click

ミラノオートサービス:アルファロメオTipo105系専門(関東運輸局長認証工場 第2-6238号)
 


Topics

今年2023年、約3年ぶりに海外レース「Grandprix de PAU」に参加します。

皆さんには馴染みのないGrandprix de PAUですが、PAUは「GRANDPRIX」の発祥の地で、1930年にFrance Grandprixを開催して以来、公道を封鎖して行われるレースとしてはモナコと並んで、最古の歴史を誇っています。以来何度となく中断や形を変えての開催をしてきましたが、今はEURO FORMULAをトップカテゴリーとして、1週目をPAU GP、2週目をPAU CLASSIC GPとして開催されています。
そんな歴史あるイベントに、私たちのチームはコロナ前に5回ほど参加、今年は3年ぶりの参加です。
今年のCLUB 1000 MILEのチーム体制は日本から藤田氏率いるAlfaRomeo Giulia Sprint GTAに、オーナードライバーの藤田とクラブ員榎並の純日本チーム。
英国からJames GibbonsのGiuliaTIに、オーナーJamesとクラブ員安藤の英和混成チーム。もう一台のGiuliaTIは2名の純英国チーム。
サポートは日本からミラノオートサービスを中心とした5名と英国から数名、スペインのレースチームNOUONZEからメカニックが2名と、現地のチームに負けない多国籍体制で挑みます。
今年のPAU CLASSIC GPは現地5/20~21に開催されます。

詳しくはこちら

参戦するレースは、「3 HOURS PAU REVIVAL : GT PRE 66」。
ヨーロッパを転戦する「Iberian Historic Endurance」の第2戦として開催されます。
我がチームのクラスは「GENTLEMAN DRIVER SPIRIT」。1965年までに製造された車とその同型車で、2000cc以下のクラスです。
当日、チームオリジナルのライブ中継や限りなくリアルタイムに近い報告もさせていただきます。リンク先等は後ほどお知らせしますが、まずは以下のリンク先の映像で、過去に参加した映像をご覧ください。

2014年> Click
2015年> Click
2016年> Click
2017年> Click
2019年> Click